自動車盗難の代表的な手口

自動車盗難の犯行手口は進化し、巧妙化しています。目的を達成するため、効率により、使い分けされているようです。以下は代表的な手口です。

金尺等を使う

以前からある手法で、金尺、針金など身近にある簡単な道具で開けられています。

鍵穴の破壊

鍵穴にドライバーなどを強引に差込み、シリンダーを無理やりこじ開ける方法。

ピッキング

住宅でも問題になっている手法で、細い金属棒で解錠でき、簡単なシリンダーなら数秒で開けられています。

合鍵作成

その場で鍵を作ってしまい開ける、鍵なし作成解錠という手法があり、5分程度で傷もつけずに開けられます。

デジタル解錠

キーレスエントリータイプの車のリモコンの電波を拾いコピーします。それを使い開ける方法。

ガラス破り

サイドウィンドーを割り、ドアロックをはずす方法。単純で短時間で開けられます。

積載車での持ち逃げ

レッカー車や積載車などを使いそのままリフトアップして持ち去る方法。

乗り逃げ

キーの抜き忘れや、ちょっとした隙に車に乗り込みそのまま走り去る方法。

【参考文献】(社)日本自動車連盟ホームページ

駐車場探しおまかせサービス

専門スタッフが代わりに
駐車場をお探しします。

このページの先頭へ